今後のホームページ制作受注にはコミュニケーション能力が必須科目です

インターネット業界に携わってから、はや15年。
広告畑からの独立だったため、当初クライアント様には

「ホームページを作っただけでは砂漠の真ん中にお店を建てたのと 変わらないんですよ!」

「見込み客に『ここにお店があるよ!』と宣伝することは必須です!」

そう啓蒙活動を行い、当時は主にインターネット広告の運用代行などを行っていました。

それからしばらくすると

「集約からさらに結果を出すには、広告からホームページに来たお客様に合ったデザインが必要になりますよ!」
という啓蒙活動も始め、ホームページ制作もスタートしました。

とはいえ、弊社はホームページ制作を大々的に行っておらず、それらは全てご紹介や既存のクライアント様のリニューアルをさせて頂いていました。
その中で痛感したことは、インターネットの世界は「ドッグイヤー」と言われるほど、とにかく変化が速く、自分自身がいかに情報をキャッチし、的確なアドバイスが行えるのかが肝となり得るということで、

そんな状況の中で「マーケティング頭」が自然と育ち、それをさらにアップデートし続けることが課題となりました。

その最中に出会ったマーケティングの先生から
「マーケティングとは『心の科学』ですよ」と教えて頂くことがありました。

簡単に言うと
「お客様が何を感じ、何を考えているかを理解し、その後どう行動するか?」
を知ることだということです。

この言葉は私にとってとても衝撃的でした。
なぜなら、それまでの私のやり方は
自身の経験やノウハウを全面的に「良かれと思って」押し付けていたからです。
確かに結果は伴っていましたが
クライアント様が感じる「ズレ」を認識することが出来ず
ミスコミュニケーションが発生する事案も出ており

マーケティングにおいて一番大切な
「クライアント様の幸せ」を完全に無視していたからです。

その苦い経験を機に、本格的にコミュニケーションを学び始めたところ
私の中で大きくWEBディレクションのやり方に変化が起き、
今までの
「押しつけ型」を撤廃し
ヒアリング重視の「ニーズの聞き出し型」にシフトしたところ

「クライアント様の幸せ」と同時に「結果が出る」
ホームページを納品出来るようになり、会社の売上も上昇しました。

このような経験から
どんなに技術や情報が進化しようとも、インターネットの世界に
「アナログ=人の体温」は確実に必要だと想いを強めるに至った次第です。

人の心を動かすホームページは、「人の想い」が載ったもの。
それを実現させるために、お客様の潜在的なニーズに寄り添う
コミュニケーションの重要性をとても強く感じますし
同時に、社内における業務ストレスの軽減もコミュニケーションによって
軽減出来ると感じています。

そのような15年間の経験と知識を踏まえた
コミュニケーションコンサルティングのメニューもございますので
ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. オンライン採用活動