オンライン採用活動

 

「人材」に代わって「人財」という漢字が定着しつつあります。
履歴書選考でいい「人財」を逃していませんか?

課題:採用募集はしているけれど

東京に本社があり、日本全国に6か所支店を持つある企業様のお話です。
営業が主力の事業を行っており、日々採用活動に力が入っています。

聞くと大きな課題がありました。
・人事部長ひとりですべての面接を行っているため、移動時間とコストが痛い。
・Skype面接を取り入れたが、Sukypeのアカウントを持っていないという理由で離脱が多い

『コネクトさん』を導入していただきました。

感想をいただきました。

「テレビ電話がすぐにつながるし、映像がとてもきれい」
「音声も問題ない」
「予約をしてもらえるから、何度もやり取りがいらず、とても便利」
「応募者は在職中が多く、職場の休憩時間に、少しでも顔を見て話しができる点がすばらしい」
「履歴書を見るだけでは人がわからない。まずは声の感じや顔の表情が見れるのがよい」

こんな風に運用されています

1)求職者から応募が来る

2)履歴書を見る

3)少しでも気になる応募者に『コネクトさん』で作成した予約URLを応募者にメールする

4)応募者が都合の良い日時を予約して送信

5)面接日時にモニター前にスタンバイ

6)応募者と人事部長がテレビ電話で面接

遠隔なら応募者のコストと時間も削減できる!

時間やコストがかかるのは応募者も一緒です。

オンライン面接の導入で、お互いの時間を尊重し、充実した採用活動が行われると信じています。

オンライン面接には、「予約」が必要になります。

すぐに導入が可能です。

オンライン面接にご興味が御座いましたら、
お気軽にお問合せ下さいませ。

関連記事

  1. 今後のホームページ制作受注にはコミュニケーション能力が必須科目です