オリンピックインバウンドに温もりのある通訳を

アプリや検索エンジンサイトの翻訳機能の発達で
海外で言葉に困ることが本当に少なくなりましたね。

店先で店員さんとやり取りで困っても
アプリがなんとかしてくれる、とても便利な世の中になりました。

2020年東京オリンピックにおいて
政府は来日観光客の目標を3000万人に引き伸ばした
という報道もされているくらい
日本は国を挙げてインバウンド客の獲得に躍起になっていますが

いくらアプリが便利になったといっても
言語の問題というのは必ず出てくると思うんですね。

例えば、牛丼屋チェーンなどで「紅ショウガ」は無料のサービスで
いくらでも盛り放題!と謳っていますが
海外のお客様は「何!無料じゃいっぱいもらっちゃおう!」という
考えで店内の紅ショウガをカラにして
店側が困惑してしまった……

なんて話題が以前おきたように
言葉が通じても、文化背景や国民性が伝わらないと、
結局言葉の「真意=心」は伝わらないんです。

紅ショウガはお口直しであり、アクセントなので
無料でお好きなだけ食べてもいいですが
メイン料理の味を邪魔しない程度でお楽しみ頂くのが
日本の粋な食べ方ですよ。

と、ここまで文化背景を説明できなければ
「無料サービス」の本質的な意味を説明できなかったりします。

これはアプリには無理な仕事ですね。
そしてここまで説明できる語学が堪能な人材を置くことも
コストがかかります。

ある企業ではすでにテレビ電話通訳サービスを
BtoB向けに展開していますが
これは本当にビジネスとしての通訳機能を果たしているに過ぎず

文化背景を含んだ
繊細な心のやりとりをするのは難しいのではないかと思います。

そこで私は弊社の『コネクトさん』を使って
2020年にインバウンド旅行客の方が個人で通訳をテレビ電話で
予約して使ってもらえるようなサービスを考案中です。

個人が必要な時にコンシェルジュを使うように
自分だけの通訳をテレビ電話でお願いする。

言語だけではなく、文化背景の質問も出来れば
日本のことをより深く理解していただき、滞在期間中の
満足度は必ず上がると思っています。

また、ビジネスシーンや留学なので
高い語学力を持ちながらも、それを状況や環境によって
活かせないでいる日本人にとっても

自分が生活している場所から
テレビ電話を通じて、日本を旅する海外の方のお役に立ち
得意の語学で活躍できることはこの上ない喜びになるのでは
ないでしょうか?

まさに日本人の「おもてなしの心」が発揮され
インバウンドCSを「温もりあるシステム」で向上していける
サービスだと思いませんか?

まだまだ構想段階ですが、私の実現したいことの1つでもありますので
ご興味がおありの方や、モニターをされてみたい方は
お問い合わせくださいね。

関連記事

  1. Web接客という分野

  2. 【第二回】接客ひとつでLTVが変わる!

  3. 【第一回】部下の心理を知って同じミスを防止する!その①気持ちに寄り添う…

  4. お客様の怒りを喜びに変えるコミュニケーションツール

  5. 家の中で大切な契約がすぐに出来るように

  6. 【第一回】お客様とのラポールを築くために